光回線の勧誘の断り方 しつこいくてうざい勧誘を上手に断るには?

光回線の口コミや評判について調べていると、悪質な勧誘されてる例をかなり見かけます。特にフレッツ光が回線貸し出して他社に募集させる代理店方式「光コラボレーション」が始まってから勧誘が酷くなってる印象です。

見てるだけで呆れる光回線の勧誘状況を、数ある中からほんの一部だけピックアップしてみました。

ネットで見かけた光回線サービスの悪質な勧誘例をピックアップ

玄関先での対応を要求され、「違約金はこちら負担」「速度制限なし・もっと早くなる」と言う説明だけ。「契約に進みましょうか?」いや…それだけでYESとは言えません、と言うと「わからない事は聞いて下さい」「だからこうして訪問してます」だって…呆れて追い返した
ホークスCS出場おめでとうキャンペーンの応募の件で連絡してきたとかぬかすくせに結局ソフトバンク光の勧誘してきよった
「タブレットがもらえる」の「もらえる」という言葉はソフトバンクにとっては「分割で買ってもらうよ」という言葉らしい。 消費者が誤解しかねない勧誘を契約書盾にして食い下がってきた
光回線の電話勧誘で高くなっても良いのかと言われたけど、変わらないか安くなるかで高くはならないよな
NTTフレッツ光をドコモ光に転用する勧誘電話がかかってきて『ドコモ光ご案内センター』なんて名乗るからドコモなのかと思ってたのだが、かかってきた番号から調べたら外部の斡旋業者じゃねーか!
機種変したときのSB推しがもの凄くうぜぇ。 次の日それの勧誘の電話かかってきてうぜぇ。 ほぼ毎日その辺のメール届いてうぜぇ。
ドコモ光の勧誘の電話あったけどその場で入らそうと延々と喋りよるからうざいよー

たくさんありすぎて面白くなってきたんですがこの辺でやめておきます(汗)

そこで、こんな面倒くさい勧誘の断り方について調べてみました。

光回線のうざい勧誘の断り方

勧誘のほとんどはNTTフレッツ光東日本・西日本からの乗り換えを狙っている光コラボ事業者や委託している営業部隊。他所にとられまいとひたすら営業電話攻勢をかけているようです。そのため、あいまいさがあると可能性あり!ととられその後もしくこく勧誘され続けてしまうでしょう。なので、体的な理由の述べて無理だと思わせる必要があります。

そして、しつこくなる理由の1つに電話番号の変更があります。フレッツ光→光コラボ事業者への乗り換えなら電話番号が変わらないんですが、光コラボ→光コラボへ乗り換えると電話番号が変わってしまうんですよね。となると一回契約してしまったらなかなか変えられなくなるひとも多いはず。自宅の固定電話の番号ってほとんどの人がずっと一緒の番号なことが多いです。それを変えるとなると、今まで関わりのあった人たちへ番号変更を教える必要があるなどかなり面倒なことになってしまいます。なので最初に契約を獲ってしまいたいんですね。

そこでおすすめな断り方は、他の光コラボ事業者への乗り換えを理由にすること。

「ドコモ光に変えちゃったので・・・」

という具合ですね。

主な光コラボ事業者は

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • So-net光
  • BIGLOBE光

などで他にもアホほどあるんですが、上でピックアップした有名どころの中で2つ覚えておけば、どちらかからかかってきても別の方を伝えればいいだけです。ドコモ光かソフトバンク光が覚えやすいでしょうね。

それでも食い下がってきたら、「電話番号が変わるのは嫌」と伝えればいいだけです。

ほか、同業者を演じる、前に断ったことを伝える、などもいいです。また、光コラボ事業者以外のところからの勧誘でも同じように使えます。


光回線ランキング

安心・快適なサービスがいいなら⇒光回線満足度ランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする