光回線のスマホセット割引をやっている通信サービス比較

昔は光回線といったらNTTのフレッツ光だったんですが、今は回線を貸して事業展開する光コラボレーションが始まり、ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアや、格安SIMサービスを展開しているMVNOがこぞって参入。それによって光回線とスマホ・格安SIM同時契約でセット割引を用意しているところが急増しました。

格安SIMはここ2年くらいでサービス提供会社が急に増えてますが、その中の大手MVNOはたいてい光コラボ事業者になってますね。

そこで、自社サービスを両方契約するとセット割引が適用される事業者を探し割引特典を比較してみました。

光回線サービスとスマホ・格安SIMなどのセット契約で割引特典がある業者を比較

携帯キャリア系のセット割引を比較

光回線業者同時契約で
セット割引になる
サービス
毎月の割引額
ドコモ光ドコモ携帯500~3200円
auひかりau携帯934~2000円
ソフトバンク光ソフトバンク携帯500~2000円
ソフトバンク光Y!mobile携帯500~1000円
NURO光ソフトバンク携帯500~2000円

それぞれの割引額詳細は次のとおりです。

ドコモ光+ドコモ携帯の「光セット割」詳細
家族で利用時
スマホ契約プラン一戸建てプラン
毎月の割引額
マンションプラン
毎月の割引額
シェアパック5800円800円
シェアパック101200円1200円
シェアパック151800円1800円
ウルトラシェアパック502400円2500円
ウルトラシェアパック1003000円3200円
ひとりで利用時
スマホ契約プラン一戸建てプラン
毎月の割引額
マンションプラン
毎月の割引額
データSパック500円500円
データMパック800円800円
ウルトラデータLパック900円900円
ウルトラデータLLパック1100円1100円
ケータイパック500円500円

auひかり+au携帯の「auスマートバリュー」詳細
スマートフォン契約者の場合
契約プラン毎月の割引額
データ定額10/13/30最大2年間
2000円
(永年934円+最大2年間1066円)
データ定額5/8/20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
最大2年間 
1410円
(永年934円+最大2年間476円)
U18データ定額20キャンペーン適用期間中
1410円
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
(永年934円)
データ定額1最大2年間
934円
(永年500円+最大2年間434円)
ガラホ(4Gケータイ)契約者の場合
契約プラン毎月の割引額
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
最大2年間
934円
(永年500円+最大2年間434円)
データ定額2/3
データ定額2/3(ケータイ)
シニアプラン
永年934円
データ定額5/8/20
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
最大2年間
1410円
(永年934円+最大2年間476円)
データ定額10/13/30
データ定額10/13(ケータイ)
最大2年間
2,000円
(永年934円+最大2年間1066円)
ガラケー(3Gケータイ)契約者の場合
契約プラン毎月の割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)永年934円
タブレット契約者の場合
契約プラン毎月の割引額
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
最大2年間
1410円
(永年934円+最大2年間476円)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
(「ゼロスタート定額」)
1000円
(永年1000円)

ソフトバンク光+ソフトバンク携帯の「おうち割 光セット」詳細
契約プラン毎月の割引額
データ定額5GB1522円
データ定額20GB1522円
データ定額30GB2000円
データ定額(3Gケータイ)500円

ソフトバンク光+Y!mobile携帯の「光セット割」詳細
契約プラン毎月の割引額
スマホプランS500円
スマホプランM700円
スマホプランL1000円
データプランL500円
Pocket WiFi2500円

仮に家族4人が全員Y!mobile携帯を使っているなら、4人共にそれぞれ契約プランの割引額が適用されます。ただでさえ通信料金が安いのにさらにこれだけ割引してくれるのはいいですね。とことん通信量を安くしたいならこの組み合わせが最強かもしれません。

【SoftBank光キャンペーン】高額キャッシュバックあり!

NURO光+ソフトバンク携帯のセット割引詳細

ソフトバンク光の「おうち割 光セット」と同じ割引内容です。

MVNO(格安SIM)系のセット割引を比較

光回線事業者同時契約で
セット割引になる
サービス
毎月の割引額
BIGLOBE光BIGLOBE SIM300円割引
@nifty光NifMo200円割引
U-NEXT光U-mobile1140円/1160円
OCN光OCNモバイルONE1000円割引
IIJmio光IIJmio

600円割引

ぷらら光ぷららモバイルLTE1000円割引
DTI光DTI SIM150円割引
DMM光DMMmobile500円割引

MVNOはスマホ端末セットではなくSIMカード契約だけでもOKです。

まとめ

料金の安さに提供のある光回線サービスを比較してみました。

単純に割引額だけ見るとスマホキャリアのほうがおトク感ありますけど、通信量が高いのでどっちもどっちですね。ただY!mobileだけは通信量も安いのでおトク感強め。Y!mobileで契約してるならソフトバンク光に乗り換えもアリですね。

今回取り上げた光回線サービスのほとんどがフレッツ光の光コラボレーション事業者です。もともとプロバイダをやっていたところが光コラボ事業やMVNOを始めている例が多いので、必然的にセット割引制度を取り入れてユーザー獲得する流れに。

ドコモやソフトバンクはもとからいる大量のユーザーにセット割引をおすすめするだけで契約がとれるので営業しやすいでしょうね。契約者数も急増してますし、回線速度に影響が出ないことを願いたいものです。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする