光回線のプロバイダってどんな役割なの?

光回線契約時に選ぶプロバイダ。

最近はNTTがやってる光回線サービス「フレッツ光」を代理店販売する光コラボレーション事業者が増え、バンバン契約をゲットしています。トップのドコモ光はシェア3分の1くらいで、件数は300万件以上。まだまだ増えていくのは間違いありません。

で、なんでこんなに急増してるのか?というと、ドコモ光やソフトバンク光なら自社のスマホ使ってるユーザーに対してセット割引を適用するなど、料金面でのメリットが強いから。

そして、この光コラボレーション事業者にはプロバイダがやっているものも数多くあります。フレッツ光時代ならそれ自体の回線利用料と他社サービスでもあるプロバイダ料金がかかったわけですが、プロバイダ運営の光回線サービスならプロバイダ料を省くことも簡単です。

もちろんそのプロバイダ以外を選べないことがほとんどですが、安くなるなら十分メリットがあるでしょう。

ところでこのプロバイダと呼ばれる会社。実際はどんなことをやっているのか?

光回線のケーブルを持ってるNTTは新たに敷設して対応エリア広げたりメンテナンスするなどの役割があるんですが、プロバイダは具体的に何やってるの?と聞かれてもうまく説明できません(汗)。

そこで光回線のプロバイダはどんな役割なのか?について調べてみました。

光回線のプロバイダは何やってるの?役割は?

光回線を契約する目的は「インターネットを使いたいから」で間違いないはず。光ケーブルとつながってるだけで快感♡みたいな人でない限り。

でも光ケーブルだけパソコンに繋げてもインターネットには接続できませんし、料理レシピやアダルト動画を観ることもできません。

そして、ここで登場するのがプロバイダです。

光ケーブルが繋がっているパソコンなどの端末とインターネットを繋げる処理部分を担ってくれます。

もっと詳しく解説!
光回線ケーブルは、あなたの端末とNTT東日本/西日本の敷設を繋げています。正確にはNTTが構築したNGNというネットワークに繋がっています。このNGNとインターネットを接続するのがプロバイダです。

ただ、ネットで評判をチェックしてみると、「あそこのプロバイダは速い/遅い」みたいな声がでています。

これは、プロバイダが使っている機器スペックも影響しているようです。安いところは安い機器、ちゃんとしてるところはいいモノを使っているわけです(100%そうとは限りませんが)。

そのため、プロバイダを変えただけで回線速度が改善されることも。でもプロバイダがやってる光コラボレーション事業者で光回線を契約すると、ほぼ変更ができません(汗)。なので安いからってだけで選ぶと後で後悔する可能性もあるわけです。

幸い今はインターネットで簡単に口コミや評判情報をチェックできるので、特にプロバイダが選べない光回線サービスは事前に調べておきたいですね。

注意したいのは電話番号の引き継ぎ。フレッツ光→光コラボ事業者のサービスなら固定電話の番号をそのまま引き継げますが、光コラボ→別サービスだと番号を引き継げません。今は携帯が普及して自宅の電話をあまり使わない人もいると思いますが、同窓会メンバーを集めるときなんかだと昔から使ってる家の電話番号じゃないと連絡を取ろうにもどうにもならないってパターンもありえます。

一度乗り換えるとあとあとやっかいになることもありえるので、慎重に・・・。

まとめ

光回線のプロバイダは、インターネットとあなたの端末を繋げる処理をしています。

ちなみにどうやって接続するのか?の技術的な話は知恵熱が出そうなのでいつの日か機会があれば・・・。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする