光コラボレーションとは?事業者はどんなところがある?

フレッツ光や、ドコモ光、ソフトバンク光などの光回線サービスを提供している会社のサイトをみると、光コラボとか光コラボレーションっていう単語が使われています。

コラボレーションとは?
異なる分野の人や団体が協力して制作すること。共同制作。共同事業。

ということで、なんとなくNTTのフレッツ光とコラボしてるサービスなんだろうな、ってのは伝わってくるんですが、細かなことはわかりません。

そこで「光コラボレーション」とはどんなものなのか?について調べてみました。

光コラボレーション(モデル)とは?

フレッツ光公式サイトでは「光コラボレーションモデル」って書かれてます。

上で紹介した英語の意味そのままで、NTT東と西がサービス提供しているフレッツ光をドコモやソフトバンクなどが自分のところだけのキャンペーンなどをおまけして契約者を募っているもの。

このドコモやソフトバンクなどは光コラボレーション事業者とよばれます。

光回線ケーブルそのものはNTTのものですし、コラボしてる事業者側で各地域に敷設するものじゃないのでそのまま利用しつつ、事業者独自のサービスを付加してお客さんへ提供しています。家の端末などをインターネットに繋げる処理をしているプロバイダサービスをやってることがほとんど。

ちょっとニュアンス違うかもしれませんが、代理店みたいな感じですね。

その他光コラボレーション関連でよく出てくる用語についてついでに調べてみました。

光コラボレーション転用とはどんなもの?

光回線サービスを提供している事業者のサイトに行くと、工事費のところでよく見かける「転用」ってフレーズ。

これは、現在フレッツ光を契約してるお客さんが、光コラボレーション事業者の特典がいいからなどの理由で乗り換えるとき、契約先を「フレッツ光」→「光コラボレーション事業者」へ変えることをいいます。

使う回線はそのままなのでもともと使ってるサービス内容を変更しないなら工事費もかからずお手軽です。

光コラボレーション事業者はどんなところがある?

調べてみるとどうやら100社以上あるようです(汗)。各地域だけの狭い範囲でやってる事業者さんもいますしとても全部ピックアップは大変すぎて無理なので、ブログ主が聞いたことある有名どころだけ掲載しておきます。

  • 株式会社朝日ネット
  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • エキサイト株式会社
  • 株式会社エディオン
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社NTTドコモ
  • 株式会社NTTぷらら
  • 綜合警備保障株式会社
  • ソネット株式会社
  • ソフトバンクモバイル株式会社
  • ニフティ株式会社
  • 日本電気株式会社
  • ビッグローブ株式会社
  • 株式会社U-NEXT

携帯キャリアや家電量販店、大手プロバイダなどが事業者としてサービス提供しています。携帯キャリアでもブロードバンドサービスでシェア2位のauはフレッツ光じゃない光回線サービスです。

これだけあると各社キャンペーンで競ってるので、少しでもお得感あるところを選びたいですね。そして本体事業が儲かってるところのほうが当然キャッシュバックなどの特典は有利でしょう。地元密着タイプの事業者を選ばないなら上でリストアップした大手事業者から選ぶのが良さそうです。

最近だと携帯キャリアのドコモやソフトバンクが、他のサービスからの割引などを絡めて契約件数を大幅に増やしています。やっぱ儲かってるところは強い。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする