田舎で光回線は繋がるの?速度は遅い?そもそも契約可能?

ヤフー知恵袋見てると、ど田舎では光回線が使えないって投稿がけっこうみつかります。そういった人たちはスマートフォンのデザリングを活用してるみたいですが、所詮は電波。有線接続には安定性や速度面で敵わないことが多いはず。

そこで、田舎の光回線環境についてヤフー知恵袋に寄せられている投稿から調べてみました。

知恵袋に寄せられた田舎での光回線に関するお悩み件数

この記事書いてる時点で1650件あり。

全部じゃないんですけど、田舎なので光回線がきていない、使えないなどの投稿がかなり見つかります。

▼一例

北海道の田舎で、光回線の提供エリア外でADSL、wi-fi、電力会社などのネット回線がない状態
→スマホのデザリングで対応
田舎でまだ光回線がきていない
→署名活動から始める

自治体がNTTとやりとりしてお金出せば田舎でも引ける可能性はあるようです。そんな方法があったんですね。

田舎だと速度は遅い?

これは回線の混雑状況によって快適性が変わるようなので、むしろ田舎のほうが利用者が少なくて快適なようです。

光回線が引けない田舎エリアに住んでる人向けの解決策らしきもの

こんな回答がありました。

自費で工事費出して光回線ひいてもらえばいい。初期費用はかかるけど言えばやってくれます。初期費用は数万円程度。

そして、こういう回答も。

基地局に届いた電波は信号に変換して光ケーブルでケータイネットワークに流しています

ということは、スマホや携帯電話が使えるなら、その電波を集めている基地局までは光回線が届いていることになります。

なのでまず近所に基地局があるか調べてみましょう。

こんなサイトがあります⇒塔マップ

これでドコモやau、ソフトバンク、WiMAXなどの基地局がある程度わかります。もし自宅近くに基地局があったら可能性は高くなる・・・かも。ただこのサイトが全部の基地局をカバーしてるわけじゃないので、このサイトに掲載されてる写真を参考に自分でも近所に基地局っぽいものがないか探してみましょう。

しかし現実は・・・

こんな回答がありました。

光回線は収益の見込めない田舎にはなかなか動いてくれません

全国にフレッツ光の回線を施設しサービス提供しているNTTは、当然光回線の維持管理をしなければいけません。日本全国で使える電話線に関しては、法律で全国津々浦々に繋がるよう決められているらしいので、スマホ代などに含まれているユニバーサルサービス料を利用者から徴収して維持管理費に充ててるようです。でも光回線はそんな法律もなく、NTT独自のビジネスでしかありません。となると利益が出にくい田舎エリアはどんなに頼み込んでも義務じゃないので厳しいですね。

回答者によって頼んだら引いてくれたって人もいるようですけど、田舎のレベル次第。また、たまたま基地局が傍にあるならそこから光ファイバーケーブルを繋げるだけなのでコストが安く済み引いてくれるかもしれませんし、メンテナンスもついででできるレベルでしょう。

でも遠く離れてると無理でしょうね。富士通の光ケーブルで安いのが1m1万くらいだったのでいろいろ無視して大雑把に計算してみましょう。仮に光ケーブル10mだけで済むなら10万円。月5000円の料金をもらえば20ヶ月で回収できます。でも100mだと回収に200ヶ月(約17年)かかり、その間メンテ代も必要です。またそんなに長く使ってくれるとも思えませんし、私がハンコ押す役職についてたなら絶対OKしませんね。半分でもOKしないです。

ここで電話線を使っているネット回線「ADSL方式」なら全国で繋がるはずなんですが、NTTはもう受付終了してますしとっとと光回線に移りたいようです。料金も電話より光回線のほうが高いし儲かるんでしょうね。ビジネスなので仕方ない・・・。

というわけで、最善の解決策は・・・引っ越す!

なんて投げやりな結論(汗)。でもこれがベストの解決策でしょうね。田舎暮らししたい、どうしてもでていくことができない事情がある、など引っ越しが無理なら諦めるしかなさそうです。

一応、2025年には全国の電話網を光回線に統合していく、とNTTが発表しているので、それまで待つのも手段ではあるんですけど、対応エリア拡大を終了した、とも発表してるんですよね(汗)。ビジネスなので利益がでないドがつく田舎の未来は暗い・・・。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする