auひかりホーム10ギガコースの料金や対応エリアは?マンションやアパートでも契約可能?

auひかりではアパートやマンション用と一戸建て用などありますが、「auひかりホーム」は一戸建て用のプランです。

このプランは多くの地域で1ギガとなっていますが、首都圏の一部エリアでは5ギガや10ギガといったこれまでとは比べ物にならないほど速い通信速度を売りにしたものが登場して話題を呼んでいます。

新しく追加されたauひかりホーム10ギガプランでは、新型ホームゲートウェイで無線LANもできるため、家の中で最大10ギガの超高速通信によるやり取りが可能になります。

となると気になるのは、料金や細かな対応エリア、そしてアパートやマンションでもこれに似たサービスを契約できるのか?などでしょう。

そこで、auひかりの新プラン「10ギガ」コースの詳しい内容をまとめました。

最大10ギガ!auひかりホームの新プランをチェック!

10ギガプランの料金

  • 1年目  6380円
  • 2年目  6280円
  • 3年目  6280円
  • 4年目~ 6180円
    ※auスマートバリューありの場合

まず料金についてですが、内訳はネットと電話の料金、高速サービス利用料となっており、ここから超高速スタートプログラムもしくはauスマートバリュー加入による割引が適用され、1年目は6380円で2年目3年目と100円ずつ値下がりし6280円に、4年目以降はauスマートバリュー加入の割引を適用して6180円となります。

このサービスは3年単位の自動契約になっており、超高速スタートプログラムも3年間限定の割引で毎月500円が割り引かれる格好です。

3年未満で解約すると契約解除の費用として1万5000円かかるため、契約時期などに注意が必要です。

10ギガプランの対応エリア

次に対応エリアに関してですが、東京都や神奈川県、埼玉県に千葉県の一部エリアが対象となっています。

自分が住んでいる地域が対象かどうかはauひかりのページにある提供エリア確認の項目で郵便番号を入力し、おおよそのエリアを絞ります。

そして細かな情報を入力していくと、サービス一覧が表示されて現在契約できるプランが表示されます。

対応エリアチェックはこちらで
https://bb-application.au.kddi.com/auhikari/zipcode
au公式でも申し込めますがキャッシュバックなど特典がないので注意!

ここで10ギガコースが示されていれば契約できます。

ただし、通常の1ギガコースしかない場合は契約できません。

あくまでも一部エリアであり、東京ならどこでも大丈夫ということはなく事前の確認が求められます。

マンション・アパートでも使える?

次にauひかりのマンションタイプやアパートタイプで似たような契約ができるかについて。

といってもこのページ最初に書いたとおりauひかりホームは一戸建て用のプラン。マンション、アパートのような集合住宅向けではありません

マンションやアパートでは10ギガにまだ対応しておらず、最大1ギガまでとなっています。

なおマンション住まいの人がauひかりを契約する場合、マンションによってはオーナーが独自に契約をしているケースなどもあり、誰もが自由に契約できるわけではありません。もしauひかりへの契約をしたい場合にはマンション全体での契約の有無について調べる必要があります。

ただし今のところは1ギガが精一杯ですし、今後対応していくとしてもアパートなどの集合住宅は一戸建てタイプの後に回されやすいのが実情です。

2階以下の人は可能性あり!

アパートに住んでいる人でもホームタイプの契約ができる場合があります。

それは集合住宅が2階以下であることです。

これにより一戸建てと扱いがあまり変わらない形になるため、対応エリア内であればホームタイプの契約ができます。

現状ではかなりの少数派であり対応しているところはまだ少ないのですが、オーナーがそうした部分に力を入れる人であれば10ギガコースを利用できる可能性は十分考えられます。

あくまでも可能性はある、という程度で考えておくくらいがちょうどいいです。

10ギガプランの工事費用は?

工事費用は新規登録料である3000円だけで済むようになっています。

本来は初期費用が3万7500円ほどかかるようになっており、それを60か月分、5年間で支払っていく内容です。60か月分に渡って同額を割り引いていくという形で割引されています。

途中で解約をするとそれなりの費用がかかってしまうため、一応注意が必要です。

契約が3年間であることなどを考慮すると、その家に長く住むことが前提となります。

それゆえ一戸建て限定ということになりますが、そのあたりを見越して契約をするかを決めることも必要です。

本当に10ギガもでるの?

また10ギガという数字はあくまでも技術的に考えたときに最速と思われる理論上の速度で、実際にそれだけのスピードで使えるわけではありません

通信速度は機器によって大きく変わり、LANポートやLANケーブルなどでも変化します。それだけのものにする以上は、周辺機器に関しても10ギガに対応できるものを購入して整備しておくのがおすすめです。

そして最大10ギガの高速環境が本当にいるのか?も見直してみたほうがいいですね。通常は1ギガでも不自由しないはずですし、長く使い続ければトータル費用は数万円どころではなくなりますので。

これらの要素をひっくるめた上でauひかりホーム10ギガプランを契約すべきかどうか決めていきましょう。

auひかり10ギガプランはあり?なし?

料金は月額6000円オーバーでけっして安くはありません。

ただし、auひかりホームの他で10ギガサービスを提供しているNURO光はリサーチ会社の満足度調査でも圧倒的ナンバーワンになっていますし、速度面での快適さが魅力的なのは間違いないでしょう。

回線の最大値が高いに越したことはありません。

auひかりホームが一戸建て向けプランで、さらに対応エリアが東京とその周辺の県だけなのが残念ですが、ライバルとも言えるNURO光も最初は関東エリア限定だったのが、いまでは関西・中部地区にも進出しています。

対してauひかりはすでに全国でサービス展開していますし、将来的に対応エリアは広がっていってくれるはず。

もちろん都市部限定ではあると思いますが、エリア拡大に期待しましょう。

10ギガプラン申し込みの流れ

申し込み前の確認事項

  1. auホームプランが契約できるか?
  2. 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに住んでいるか?
  3. プロバイダは「au one net」「@nifty」「BIGLOBE」「So-net」か?

この3つは絶対条件です。NGが1つでもあれば10ギガプランは諦めて通常プランを選ぶことになります。

申し込みの流れ

  1. auひかりホームプランを申し込む
    【auひかりキャンペーン】
  2. 10ギガプラン対応プロバイダ開通後、プロバイダ別にプラン変更手続きを済ませる

プロバイダ別、10ギガプランへの変更方法

auひかりホーム10ギガプランに対応するプロバイダの申込み方法は以下のとおりです。

au one net

My auの会員ページから速度変更を依頼する

So-net

0120-80-7761 へ電話で申し込む

BIGLOBE

0120-86-0962 へ電話で問い合わせる

@nifty

【新規契約】 0120-32-2210 へ電話で申し込む
【既存ユーザー】 0120-50-2210 へ電話で問い合わせ

まとめ

世界最速と言われる下り最大10ギガに対応したauひかりの新プランについて紹介しました。

2階建ての集合住宅でも一応はホームタイプを契約できるため、長く住むことを前提にする際には対応エリア内であれば契約をしても大丈夫です。

あとは周辺の環境を整えることや料金の兼ね合いなども気をつけて契約することになります。

そして他のプランでも事足りるかどうか?という観点を持っておくことで、よりお得な契約やサービスなどを選べます。

契約してしばらくしてから契約解除するとそれなりの費用を支払うことになってしまうからこそ、基本的なことに関しては下調べをし検討していくことが大事です。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする