光回線を店舗で申し込むべきではない理由とオンラインで申し込み手続きをする時の注意点

現在私たちの生活において、スマートフォンやパソコンは欠かせない存在です。
仕事も自宅で行う時代になり、インターネット光回線が今まで以上に普及してきています。

そのため、自宅に新しく「インターネット光回線を契約したい!」と考える人も多いのではないでしょうか。
契約したいと考えている人は、直接店舗での契約を思い浮かべるかと思います。

しかし、直接店舗に行かなくても、インターネットで契約が出来るのをご存知でしょうか。

光回線契約は、申し込み方法によってかなりお得になる事も、損をする事もあるのです。

今回の記事では、光回線を契約したいと考えている人の参考になるようにオススメの契約方法について紹介していきます。

光回線とは?

まず光回線について、簡単に説明します。

光回線とは、光ファイバーケーブルを使用して高速通信を可能としたインターネット回線のことです。

光ファイバーは、透過性が非常に高く、プラスチックなどの細い繊維状のケーブルで出来ているのが特徴です。
電気信号を光に変えて伝達することでインターネットの高速通信を可能にしています。

通信速度が速ければYoutubeやNetflixなどの高画質動画の再生はもちろんのこと、
オンラインゲームではロードやパフォーマンスが重くならず、ストレスなく快適にプレイ出来るのです。

光回線の申し込み方

では、光回線の契約方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
当然ですが、光回線は契約しなければ使用することは出来ません。

光回線の契約方法として、最も主流であるのは

・直接店舗で契約する方法
・オンライン上で契約する方法

この2パターンです。

それ以外にも契約方法が様々あるため、一緒に紹介していきます。

①直接店舗で契約する方法
これはdocomoショップやauショップといった携帯ショップに直接行き、光回線を契約する方法です。ビックカメラやケーズデンキといった家電量販店でも光回線を契約することが出来ます。

大手の家電量販店の場合ですと、全国でインターネット光回線の申し込みに対応しているのがほとんどです。

PCやスマートフォンなどを販売しているコーナーで販売員に相談してみると、光回線について話を進めてくれますよ。

②オンライン上で契約する方法
スマートフォンやパソコンでインターネットから光回線を契約する方法です。
それぞれの光回線の通信事業者や代理店のWebサイトから、オンライン上で契約を申し込む事ができます。

なかなか店舗に足を運ぶ事ができない人も、スマートフォンさえあれば簡単に申し込む事ができます。

③電話での契約
光回線のWebサイトや広告などに、申し込みをするための電話番号が記載されているためそちらに電話をかけて申し込む方法です。

インターネットの操作に慣れていない人でも、電話であれば口頭で説明できるメリットがあります。

④訪問販売・勧誘電話
こちらは営業者から光回線の契約を勧めてくるパターンです。

営業者側は巧みなセールストークで、光回線の契約を勧めてきます。
勧誘電話に関しては、訪問販売の電話ver.ということです。

営業者の話が進み、光回線の契約について了承することで光回線の契約が成立するという契約方法になります。

しかし、訪問販売や勧誘電話の場合ですと悪質な営業の可能性も考えられます。
もちろん営業者側のノルマなどもありますので、ユーザーに寄り添った契約に結びつかないことも多いのです。

そのため上記でもお伝えしたように多くの光回線ユーザーは直接店舗で契約するか、オンライン上での契約がほとんどです。

特に私が推奨するのは
『オンライン上で契約する方法』です。
その理由について解説していきます。

オンラインでの契約がオススメな理由

光回線契約を申し込む際、インターネットなどのオンラインからの契約がオススメです。
その理由としては、なんといっても『キャンペーンの豊富さ』なのです。

もちろん、直接店舗で申し込んだ際もキャンペーンは存在します。
しかし、オンラインでの申し込みをした場合、キャンペーン特典が遥かに充実しているのをご存知でしょうか。

キャンペーン特典では、キャッシュバック特典や月額料金の割引などが発生するためトータルコスト(総支払額)がかなり変わってきます。

光回線の契約で重視するポイントは様々ですが、トータルコストは欠かせない重要項目です。

光回線を店舗で申し込むべきではない理由

インターネット初心者の方は、一度販売員に直接聞いておきたいと考える方も少なくないでしょう。

しかし前述したようにトータルコストがかなり変わってくるため、極力オンライン上での契約をオススメしています。

また、直接店舗での契約があまりオススメでない理由を解説します。

①不要なオプションを付けられる
店舗での契約の場合、不要なオプションやサービスを知らない間に追加で契約させられて月額料金が高くなってしまうパターンがとても多いです。

特にインターネット初心者の場合、販売員が勧めたオプションを「とりあえず付けておくか」と思ってしまい必要のないオプションを追加してしまいがちです。

②電子機器やゲーム機のプレゼントサービス
光回線の新規契約者向け特典には、電子機器やゲーム機を無料プレゼントするキャンペーンが展開されている場合もあります。

一見、とてもお得に見えますがプレゼントされた電子機器などの性能が低スペックな物である事がほとんどです。
ゲーム機の場合ですと、内蔵メモリが低容量の場合がほとんどでしょう。

③契約までの受付時間がかなり長い場合がある
店舗での契約の場合、日によっては混み合ってしまって受付するだけで1時間以上かかってしまうケースも少なくありません。

せっかくの1日休みのほとんどを携帯ショップで過ごして終わってしまったなんてこともあり得るのです。

このようにまとまった時間を割かなければいけないのも店舗契約のデメリットです。

④店舗ごとの指定のプロバイダが存在する
プロバイダとは、ネット回線とインターネットを接続する通信事業者のことを言います。
通信の快適性や使用感は、プロバイダによって大きく変わってしまうのです。

一度契約したプロバイダを解約して、別のプロバイダに乗り換えることも可能です。
しかしその場合、契約解除料(違約金)が発生してしまう場合がほとんどなので余計なコストがかかってしまうのです。

オンラインで申し込み手続きをする時の注意点

インターネットなどオンライン上での契約をオススメしましたが、オンラインでの契約にも注意しなければいけないポイントがあります。

何も考えずに「早速、インターネットで契約しよう。」と思っていても結果的にトータルコストが高くなってしまい、店舗での契約よりも高くなってしまう可能性もあり得ます。

そのため、契約をオンラインで解決する際の注意すべきポイントを紹介します。

①Webでの申し込みサイトを見極めなければいけない
『光回線』『ネット回線』をインターネットで検索した場合、数多くの代理店サイトやキャンペーン特設サイトが見つかるはずです。

サイトによって、キャンペーンの内容が違うことがほとんどなのでその中でも最もお得な申し込みサイトを見つけ出す必要があります。

良質なサイトを見つけ出すだけでも時間がかかってしまう可能性があるのです。

②キャッシュバックが現金ではパターンも存在する
インターネットの申し込みサイトでは、ほとんどがキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

現金の代わりに、商品券やポイントでキャッシュバックをするキャンペーンの場合もありますので、事前に確認しておくことをオススメします。

もちろんそれらは現金の代わりとして使用する事ができますが、使いやすさを考えると現金の方が圧倒的に使いやすいでしょう。

③プロバイダが限定されている場合がある
サイトによっては、店舗同様に指定されたプロバイダでの契約によってキャンペーン特典が発生するケースもあります。

プロバイダにこだわりがない場合、気にする必要はないでしょう。
しかしプロバイダにこだわりがある人の場合、理想的な申し込みサイトを見つけるのが難しい場合があります。

まとめ

結論として、光回線のオススメな契約方法は『オンラインでの契約』が良いでしょう。

光回線を契約する際、自分にとって最良の方法を選ぶ参考になれば幸いです。

↓オンラインで契約可能な光回線↓

おてがる光

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする