ソフトバンク光の解約方法と違約金はどれくらい必要なのか?を解説しています

2015年から始まったNTTフレッツ光の回線卸しサービス「光コラボレーション」。

この光コラボ事業を展開する数多くの業者の中の1つが「ソフトバンク光」です。

他社とは違い、ソフトバンク光はスマホ事業との相乗効果から急激にユーザー数を増やしています。

基本2年契約なんですが、ヤフーやグーグルの検索ボックスに「ソフトバンク光」と打ち込んでみるとこんな入力補助が候補にでてきます。

▼ヤフージャパン

▼グーグル

サービス始まって間もないのに、すでに解約が一番検索されているようです。

評判もそこまで良くないのでこれは仕方ないでしょう。

関連記事
ソフトバンク光の口コミ評判

というわけで、これだけみなさんが探しているソフトバンク光の解約方法についてまとめました。

ソフトバンク光を解約するまでの流れ

ソフトバンク光の解約方法はどこに載ってる?

ソフトバンク光の解約方法を公式サイトで解約方法を探すと、当然そんなページへのリンクはすぐに見つかりません(汗)

解約方法をわかりにくくして諦めさせよう作戦!ってやつですね。

でも掲載してないのは問題なのでどこかにあるはず。

というわけで探してみた結果、次の手順で解約案内ページに進めました。

  1. ソフトバンクトップページからスタート!
  2. トップページ「インターネット」リンクを選択
  3. インターネット「お客様サポート」リンクを選択
  4. お客様サポート「お問い合わせ」リンクを選択
  5. お問い合わせ「ソフトバンク光」リンクを選択
  6. ここのページに契約解除「解約/申込みをキャンセルしたい」の項目あり。ここに電話番号が掲載されていました。

解約したいときの連絡先(電話番号)

ではお待たせ致しました。

連絡先の電話番号はこちらです。

「186-0800-111-2009」 (通話無料)
受付時間:10:00~19:00

こちらは申し込み後のお問い合わせ受付窓口ですので、新規受け受け用ではありません。

新規受付用も一応掲載しておきます。

0120-981-072 (通話無料)
受付時間:10:00~21:00(年末年始休み)

こちらのほうが受付時間が2時間長い・・・。

この辺のサービスに差があるのは、業者の姿勢がわかりやすい部分ですね。

オンラインで解約できないの?

ウェブページ上で解約できないものか、と思いさらに探してみると、ソフトバンク光の解約手続きページもありました。

こちら
https://ybb.softbank.jp/member/cancellation/sbhikari/

解約時に必要な金額は、ユーザーさんの利用してるサービスによってまちまちなので上のページでご確認ください。

そしてページを進めていくと、解約手続きの前にっていう引き止め案内ページがいくつもでてくるので、ひたすら無視して突き進んでいくと結局上の電話番号が表示されてるのみでした(汗)

解約は電話でしか受け付けていないようです。

ソフトバンク光の解約違約金はいくら?

  • 自動更新ありプラン(5年) あり・・・15000円
  • 自動更新ありプラン(2年) あり・・・9500円
  • 自動更新なしプランなし・・・0円

これだけみるとそこそこ安く感じるかもしれませんが、工事代を分割払いにしていると解約時に一括で支払うことになります。

さらに契約違約金が発生する他のサービスを利用しているときも上乗せされるので注意してください。

解約しずらくなっているソフトバンク光

ここまでに紹介したとおり、ウェブページからの解約はできないようですね。

公式サイト内でも連絡先がものすごくわかりにくくなってますし、ソフトバンク系サービスの解約のやりにくさについてはネット上でよく見る悪評どおりと言えそうです。

ちなみにソフトバンクホームページ上部にあるサイト内検索ボックスに「解約」と打ち込んでみると、260件くらいヒット。

ソフトバンク光の解約方法はどれがどれだかさっぱりわかりません(汗)

Yahoo!BB光のも混在してて余計にごちゃごちゃしてます。

さらに「softbank光 解約」で検索してみると、「かんたん設定方法」ってページが2件ヒットしたのみ。

解約と関係なさすぎる(汗)

まさか検索結果も作為的に選んでるとか?!

これだけ解約方法がわかりにくくなってると、どうしたって穿った見方をしてしまいます。

まとめ

ソフトバンク光の解約方法について解説しました。

解約は電話受付のみ。

番号は先頭に「186」を付けたあと「0800-111-2009」にかけてください。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする