光回線とADSLって何がどう違うの?速度や料金、メリットデメリットを比較

ブログ主も昔ADSLを契約してた記憶があります。ISDNの次でしたっけ。今でもADSL契約できるところあるみたいですが、さすがに今選ぶ価値はなさそうですね。ネット上では一部ADSLのほうが速いって人もいるようですけど。でもそんな人は100人中1人いるかどうかくらいじゃないかと。今から契約するなら光回線一択でしょう。

でもまだサービス展開してるところがあるってことは需要もあるはず。

そこで、光回線とADSLの違いを比較してみました。それぞれの速度、料金、メリットやデメリットについてまとめています。

光回線とADSLは何が違う?いろいろ比較してみました

まずそれぞれの特徴について簡単に解説しておきます。

ADSLとは?

従来の電話回線を利用したインターネット回線。NTT基地局から距離が長くなるほど速度も比例して遅くなっていきます。また家電などから発せられるノイズの影響を受けやすくなっています。

光回線とは?

敷設された光ファイバーケーブルを利用するので、距離やノイズの影響は少なく安定しています。工事はADSLよりかかりますが、すでに光ファイバーが引き込まれていると1~2週間程度で終わることもあります。

光回線とADSLの速度比較

ADSLの下り最大速度は1~50Mbps程度までいろいろあり。

光回線はマンションプランの100Mbps~NURO光の10Gbpsまでと大きな開きがあります。が一般的には1Gbps=1000Mbpsです。

あくまで理論値でしかないのでこの最大速度がでることはまずありませんが、ADSLと光回線では明らかに速度が違いますね。

光回線とADSLの料金比較

NTT運営のフレッツ光公式サイトによるとADSLは5000円程度。光回線は3500円程度となっています。プロバイダ料金含まずなのでもっと高くなりますが、料金的には安くなる計算に。

まあこれは都合よく設定された料金ですが、ADSLはおおむね3000円程度+電話代1700円がメインのようです。そして光回線はマンション3800円~、戸建ては5000円~くらいでひかり電話500円を加算したものが相場です。マンションプランなら安くなるかもしれませんね。

そして光回線はサービス展開している企業も多く、各社キャッシュバックキャンペーンを積極的にやってますし、工事代も無料ってところが多いです。それらを含めトータルで考えると光回線のほうがお得と言えます。

光回線とADSLのメリット・デメリット比較

ADSLのメリット
  • 電話回線をそのまま使うので工事が簡単で1~2週間程度で完了
  • 電話線は全国各地に敷設されているのでど田舎でも使える可能性が高い
ADSLのデメリット
  • 契約速度によって料金が高くなる
  • 家電などのノイズの影響を受けやすい
  • NTT基地局からの距離によって速度が遅くなる
  • サービス終了しているところがほとんど
  • キャンペーンがない
光回線のメリット
  • ADSLより速い
  • 回線速度が安定している
  • 回線が速いのでWi-Fiルーター利用時でも速い
  • 契約時キャンペーン特典が手厚い
光回線のデメリット
  • 工事に時間がかかる
  • 光ケーブル敷設エリアがADSLの電話線より狭い
  • 田舎だと契約そのものができない場合もある
  • 近年のデータ通信量増加で最大速度と乖離しすぎな速度になりやすい
  • マンション住まいだと建物内の契約戸数によって使えないこともあり

まとめ

料金面、速度面ともに光回線のほうが上です。これから契約するなら対応エリアなら断然光回線です。

そして光サービスがまだきていない地域はADSLにするよりモバイルWi-Fiルーターの契約も考えておいたほうがいいでしょう。今のモバイルWi-Fiルーターは最大600Mbps以上のものも出てきています。もちろん理論値なのでそこまで出ることはまずありませんが、ADSLが最大50Mbpsのことを考えると試してからでも遅くないでしょう。

最大612Mbpsの高速Wi-Fiルーター

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする