amue link for NUROは何がお得?サービス内容と申し込み手順を解説

amue link for NURO

ここではNURO光が提供するサービス「amue link for NURO(アミューリンクフォーニューロ)」を詳しく解説していきます。

amue link for NURO(アミューリンクフォーニューロ)の契約はあり?なし?

amue link for NUROのサービス内容を確認しつつ契約するメリットがあるのか?をみていきましょう。

amue link for NUROとはどんなサービス?

まず「amue link for NURO」というのは、NURO光の見守りサービスのことです。

位置情報を活用し、家族の見守りなどに役立つサービスで、2020年12月から提供が開始されています。

子供の安全を守ることが現代においては難しい問題となっています。

その課題を解決するひとつのアイテムとして、期待されているものです。

利用する端末「LM-01」について

amue link 本体

世界最小かつ最軽量のデバイスである「LM-01」はソニー製で、これを利用した見守りサービスです。

本体サイズは約60×26×12.3mmで、約23.7gしかありません。

小さく軽いので子供にも負担にならず、シンプルな見た目と操作も魅力といえます。

この端末でできること1「位置情報」

機能としてまず挙げられるのは、見守りサービスとして最も重要な「位置情報」です。

これが基本機能であり、専用端末「LM-01」を携帯してる人の情報をスマートフォン(アプリをインストール済み)でいつでも確認できます。

子供はもちろん、ペットや高齢者にも利用できます。

この端末でできること2「通知機能」

通知機能を活用すると、設定した出発地を出た時や、設定した目的地に着いた時には通知が届くので便利です。

この端末でできること3「行動履歴」

「行動履歴」が確認できることも大事な機能です。

amue link for NUROには、温度・気圧・加速度・ジャイロ・地磁気のセンサーが搭載されています。

これらの情報を組み合わせることで行動内容の詳細な把握が出来ます。

この端末でできること4「運動履歴を記録」

見守りの他にも、スポーツシーンでの活用も可能で、防水・防塵仕様なので運動内容の履歴を記録するのにも使えます。

この端末でできること5「ボイスメッセージ機能でコミュニケーション」

「ボイスメッセージ機能」が付いているので、双方向でのコミュニケーションが出来ることも便利です。

録音機能があり、専用端末「LM-01」側からも、スマートフォンからもメッセージを送れるし受け取れます。

この端末でできること6「5台まで登録可能」

1人対1人のサービスではなく、スマートフォン1台に対して5台の「LM-01」が登録できるようになっています。

子供も親もペットも、複数の大切な存在を見守りたい場合にも安心です。

以上の機能により、「GPSトラッカーより“安心”で、みまもり携帯より“簡単”」と言えます。

LM-01のスペック

LM-01のスペック表

amue link for NUROの利用料金

amue link for NUROの料金

amue link for NUROを利用するには、まず初期費用に3,300円(税込)かかります。

専用端末「LM-01」が13,860円(税込)で、月額料金は1,078円(税込)です。

端末代金の支払いは、一括・分割のどちらかを選べますが、初月無料や端末の数量限定プレゼントの特典も用意されています。

NURO光ユーザー専用のサービス

amue link for NUROはNURO光のオプションサービスであるため、NURO光の契約者だけが利用できる月額サービスです。

ただし同じサービスで3年間の買い切り型の商品「amue link」はソニーストアで販売されています。

NURO光ユーザーでない人はそちらの窓口で申し込みましょう。

amue link for NUROの申し込み方法

NURO光回線に申し込み→開通までの流れ

申し込みについては、「NURO光」と「NURO光forマンション」のどちらかに新規申し込みをし、同時に購入します。

申し込みはこちら
⇒NURO光公式サイト

WEBサイトでの申し込みでは、まずサービスの提供エリアに居住しているかの確認が必要です。

わからないことがあればチャットでのサポートもあるので利用するのがおすすめで、電話でも申し込みができます。

申し込みが済むと工事希望日から実際の工事日が決められます。

支払いはクレジットカード決済と口座振替のどちらかが選べます。

開通までの目安は、戸建ての場合は1~2ヶ月程度、集合住宅の場合は1~3ヶ月程度です。

工事は「宅内」と「屋外」で1回ずつ、合計で2回行われます。

まず決められた日に宅内の工事が行われます。

無線LANルーターを設置する場所を指定してもらうため、立ち合いが必要です。

電柱から引き込む光ケーブルの接続口となる光キャビネットを外壁に設置します。

そして光キャビネットから宅内へ光ケーブルを通し、光ケーブルの先に設置した光コードとWifiルーター(ONU)を接続します。

宅内工事後、工事日の調整があり、屋内工事までは1ヶ月ほどかかる場合もあります。

屋外の工事でも立ち合いが必要で、家の外壁に電柱から光ケーブル引き込み、光キャビネットに接続します。

注意事項としては、賃貸住宅を工事する際には、事前に建物の所有者に確認と承諾が必要です。

工事が完了するまでの間、ネットが使えない時は、1日単位でレンタルできる「Wi-Fiレンタル」があるので安心です。

初月980円からと特別価格で、返却も簡単に行えます。

NURO光開通後から「amue link for NURO」が使えます

工事が完了して開通後に専用端末「LM-01」が送られてきて、同時に見守りサービスの利用開始となります。

NURO光には新規入会特典(コース変更も可)に43,000円のキャッシュバックがあるのでお得です。

このキャッシュバックを利用して、ソニーストアでPlayStation4を入手することも出来ます。

月額利用料が1年間980円になる特典や、他にも「NURO光+ひかりTV」や「NURO光+NUROでんき」のセット利用で割引になります。

ちょっとお試しで使ってみたい人にピッタリなのは、3ヶ月間月額ワンコイン(500円)のプランです。

NURO光から新しく登場したサービス「amue link for NURO」には、小さな子供、動き回るペット、そして高齢者にも利用しやすい機能が搭載されています。

契約はあり?なし?

ドコモ・au・ソフトバンクで提供されているお子様用のケータイ電話を持たせている人も多いと思いますが、amue link for NUROほど充実した機能は付いていません。

端末代や月額費用を考えるとお財布事情的にかなり影響はあるかもしれませんが、安心感には変えられないもの。

個々の価値を感じられる人はamue link for NUROはおすすめです。

まとめ

NURO光ユーザー向けに提供されているお子様見守りサービス「amue link for NURO」について紹介しました。

端末代や月額利用料がかかってきますが、豊富な機能で離れたところにいるお子様の安全を確認しやすいサービスです。

1日中お子さんと一緒にいることはできませんし、親御さんの不安を和らげるには非常に便利なサービスですね。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする