光回線が安定しない!通信環境を安定させるための対処方法とは?

光回線が安定しない理由と対処法

現代的なライフスタイルにネット回線は必須です。

ネットでニュース記事を確認したり、楽しいネット動画サイトを観賞したり、オンラインゲームの集いに参加したり友達や家族とビデオチャットを楽しむためには、すべて自宅にネット回線が要ります。

特に現代のサービスやサイトは高速通信を前提にしているものが多く、低速回線では満足行く暮らしが過ごせません。

制限なしの安定性高めなネット回線なら光回線がベスト

大容量のデータを安定して送受信するためには光回線がオススメです。

多くの家庭と企業が光回線を導入しており、以前は高級なサービスでしたが、この頃は非常に利用料金がリーズナブルになりました。

いわゆる平均的なネット回線のプランと比較しても、費用対効果が良く、一人暮らしの若者や普通のファミリー世帯でも充分契約出来るお得感です。

光回線に乗り換える事で、毎日気持ちよくネット系の各種サービスが使えるようになり、安定した高速通信が満喫出来ます。

高画質な動画もスピーディに視聴可能になり、延滞がなく快適に好きな映画やドラマを味わえます。

更にクラウドサービスへデータを預ける事も高速アクセスが可能です。

反対にネット上から大容量の写真や動画、ゲームのデータなどを取り寄せる際も快適です。

待ち時間が最小限で済むので、ストレスフリーとなります。

そんな光回線ですが、ワイヤレスルーターで自宅に導入すると時々不安定な状況に陥ります。

契約内容を見直して、せっかく高品質なプランに乗り換えても実際に使い始めたところで不安定さが目立っては心苦しいばかり、まずはいくつかのチェックポイントを見直してみましょう。

光回線が不安定なときにとりたい対策

ワイヤレスルーター電波を邪魔する障害物をチェック

障害物を取り除く

ワイヤレスルーターは基本的に障害物に弱いです。

パソコンやスマートフォンやテレビやゲーム機など、それらの製品を実際に使う部屋とルーターが設置された部屋との間に、電波を遮る障害物がないか改めて確認したいところです。

例えば、木の扉や襖や分厚い壁などがありますと、ルーターから出る電波が遮られます。

一般家庭に使われる建材であれば、電波自体を完全にシャットアウトする事は考えにくく、機器同士の間に障害物があっても、回線の利用自体は充分に可能です。

しかしながら、間に扉や壁などが入ると電波の品質が下がります。

動画サイトを利用していると、自動的に低画質モードに切り替わる事がある、時々画面が固まる事がある、ファイルのアップロードに時々失敗する等、これらの症状は回線品質が低下する事で起きます。

対策1:ルーターの位置を見直しましょう

対策としてはルーターの設置場所を見直す事です。

玄関や勝手口などの場所に設置すると、その電波が充分に書斎やリビング、寝室まで届かない事があります。

家族が最も頻繁に利用する部屋、あるいはネット関連の機器をよく利用するお部屋の近くに移動させましょう。

ワイヤレスルーターの電波は距離が離れるにつれて低下します。

出来る限り、近くに置く事で毎日安定した高速通信が実現し、回線の品質が突然低下したり、唐突に切断されるトラブルを避けられます。

対策2:ルーターを買い換える

ルーター自体を買い替えてみるのも良い対策です。

現行主流のモデルは電波が強力になっており、障害物に強く距離が離れていても高速通信を実現させます。

一方で一昔前のモデルは障害物と距離に弱く、電波干渉にも強くはありません。

数年前に購入した物であれば、思い切って買い替えた方が光回線のポテンシャルを正しく引き出せるでしょう。

価格が相場よりも高めの上位モデルの方が高品質な回線利用が出来ます。

ワイヤレスルーターの機器トラブルをチェック

WiFiルーターのトラブル

次にワイヤレスルーターのトラブルの有無を確認しましょう。

本体に不具合が設置していると、上位モデルでも速度が減退し、設置場所に関わらず回線の品質が悪くなります。

マニュアルを取り出してトラブルシューティングを試みましょう。

対策:初期化またはリセットしてみる

機種によっては時々初期化を施す必要があります。

インターネットプロバイダの方で定期的な回線のメンテナンスが行われている事もあり、その場合はユーザーの方で機器を一旦リセットしてから使い直さなければいけません。

リセットの具体的な方法は機種ごとにケースバイケースですので、マニュアルをよく確認しましょう。

対策2:ファームウェアの更新を実施

本体のファームウェアの更新も大切です。

パソコンやゲーム機を安心して使い続けるためには、ソフトだけではなくハード自体の更新が不可欠です。

これはルーターにも言える事であり、定期的に更新をしなければ速度が低下したり電波が途切れる原因となります。

手動でアップデートファイルを取り寄せなければいけないケースもあり、パソコンのブラウザから作業を行いましょう。

Wi-Fi電波の干渉をチェック

電波干渉

そして最後に電波干渉の有無をチェックしておきたいところです。

ルーター本体の近くに強力な電波を発する機器があると、光回線の持つメリットが活かされません。

対策:家電・PCなどの位置を変える

具体的には電子レンジやデスクトップパソコン等です。

特に電子レンジは電波干渉の主要因であり、例えば夕飯の準備をしている時に限って、回線が不安定になるというトラブルに見舞われているようであれば、原因は電子レンジに絞り込まれます。

対策は本体を出来る限り離れた場所に置く事です。

その他の安定しない原因について

自分で対処できるものはここまでに紹介した項目くらいです。

このほか、もしアパートやマンション住まいなら、全戸一括タイプの光回線サービスを大家さんが導入している場合、ほかの住民の利用状況にも安定性は左右されてしまいます。

この場合は自分でできることはありません。

強者ならほかの住民にクレームをつけるなんてことをやるのかもしれませんが、それもトラブルの元ですからね。

基本的に我慢するか光回線以外のネットサービスへ乗り換えるしかないでしょう。

まとめ

現在のインターネット回線サービスでは一番速くて安定性の高い光回線サービスが安定しないときの原因と対処方法について解説しました。

光回線のような固定回線でも安定しないことはよくあります。

そこですぐ契約している回線サービスのサポートへ問い合わせてみてもありきたりな対処方法しか教えてくれないでしょう。

まずはここで紹介した項目をチェックしてみて、それでもだめなら問い合わせてみるくらいがいいですね。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする