【2021年最新!】選ぶべき契約期間なしの光回線を3つピックアップ

現在パソコンやスマートフォンが普及しており、インターネットが必要な不可欠な時代になっています。

その中でも『光回線』を利用する人が増えてきている一方で、様々なプランが登場しています。

いざ光回線を利用したいと思っても、「どれを選べばいいか分からない」「途中でプランを変えたくても、契約の違約金が発生するんじゃないの?」と悩む方も少なくないでしょう。

そこで今回の記事では、これから光回線の利用を考えている人に向けて契約期間が存在しないオススメの光回線を紹介していきます。

契約期間とは?

それでは、契約期間について詳しく説明していきます。

まず契約期間とは、光回線の最低利用期間や自動更新が設けられている期間の事です。
最低利用期間を利用する前に解約をした場合、違約金が発生する仕組みになっています。

最低利用期間は一般的に2~3年とされています。
言い換えますと、2~3年経つ前に解約した場合、違約金が発生するということです。

違約金については、基本的に1~2万円程度発生するようになっています。

長期利用を考えている人ならば良いかもしれないですが、
1年だけの短期期間の利用など考えている人なら、無駄な出費になってしまいますよね。
価格も1万円を超えてきてしまうため、安いとは言えないでしょう。

そして自動更新とは名前の通り、自動的に契約が更新されるシステムのことです。
更新される月の場合だと違約金は発生しないのですが、
そのタイミングを逃してしまうと契約が自動的に更新されてしまいます。

うっかりタイミングを逃してしまったことで、
違約金が発生してしまったなんてこともあり得るのです。

このように契約期間が設けられていた場合、
多少なりとも心理的ストレスに繋がってしまうことも考えられるのです。

契約期間無しの光回線のメリットとは?

契約期間がない光回線のメリットは、いつでも違約金が発生することなく解約することができることです。そのため短期間の利用を考えている人の場合でも
心理的ストレスを抱えることなく利用することが出来ます。

また回線速度などに不満を感じた場合、気軽に他社に乗り換えが可能なのも魅力の一つなのです。契約期間が設けられている場合、簡単に「他社へ乗り換えよう!」とはなれませんが契約期間がなければ、他社に乗り換えるという選択肢が広がりますね。

契約期間なしの光回線の選び方

光回線を利用する上で、重要なのはインターネットの通信速度です。

いくら契約期間が無いとはいえ、通信速度が遅ければ逆にストレスが溜まってしまいます。

在宅ワークが増えてきている中で、zoomなどのオンラインビデオ通信が主流になってきていますよね。

通信速度が遅い回線を使った場合、重要な話し合いの時などに画面が固まってしまうなんてことも考えられます。

一般的な光回線の最大通信速度は下り上り1Gbpsと言われていますが、時間帯ごとの回線の混雑状況などで通信速度は様々と言えるでしょう。

最大通信速度で光回線を選ぶことも大切ですが、在宅ワークや普段からインターネットを使用する人は、平均通信速度がどのくらいの速さなのかどうかも調べておく事をオススメします。

そしてもう一つ光回線を選ぶ上で大切なのは利用料金です。契約期間が無い光回線の場合、前述したように違約金は発生しません。

しかし、契約期間が設けられていない光回線は契約期間があるプランよりも月額料金が少し高めで設定されているものがほとんどです。

契約期間がない代わりに、月額料金が高めの光回線を利用していた人が、「違約金を支払った場合よりも損をしてしまっていた」というケースも存在します。

そのため、月額料金についてはしっかりと調べておきましょう。

オススメの光回線を紹介(契約期間なし)

それでは、契約期間なしのオススメの光回線を紹介していきます。
今回は様々な光回線の中から3つピックアップしました。

DTI光

公式HP:https://dream.jp/ftth/dti/

DTI光の魅力は、スマホセット割やキャッシュバック制度など特典が多いことです。

DTI光を新規工事した場合、工事費用として
『アパート・マンション』の場合、16,500円。
『ファミリー(戸建て)』の場合だと、19,800円かかってしまいます。

しかしフレッツ光を新設する場合、
キャッシュバック特典を受ける事が出来るため工事費用が実質無料に近い形となります。

DTI光と光電話を契約した場合ですと、

『アパート・マンション』の場合16,000円キャッシュバック
『ファミリー(戸建て)』の場合19,000円キャッシュバック

かなりお得である事が分かりますね。

そしてauユーザーの場合、
原則携帯電話料金が

毎月最大1,320円割引されるという特典も存在します。

月額料金は

『アパート・マンション』3,960円
『ファミリー(戸建て)』5.280円

となっております。

ぷらら光

大手プロバイダぷららが提供する『ぷらら光』も契約期間がない光回線として有名です。
こちらはNTT ドコモ系列であるため、多くのユーザーから安心感を評価されています。

ぷらら光の月額料金は

『アパート・マンション』の場合3,960円
『ファミリー(戸建て)』の場合5,280円

になっています。

月額料金としてはDTI光と同じ価格ですね。

ぷらら光の魅力として、

『ひかりTVセット割』や『Wi-fiルーターの無料レンタル』などの特典があります。

ひかりTVとは、光回線を通す事でテレビでアニメや映画を見る事ができる
映像配信サービスのことを言います。

ひかりTVを利用すると月額2,750円かかるのですが、
ぷらら光と同時に申し込むことで月額料金が990円という驚愕の安さになるのです。

約30,000本以上のビデオが見れるサービスを
月額1,000円以下で利用できるのはかなりお得と言えるでしょう。

そしてぷらら光は、Wi-fiを使用する人のためにWi-fiルーターが無料でレンタル出来ます。ルーターは自分で購入した場合、
7000円前後しますが、これが無料になると思うとかなり嬉しいサービスですよね。

また、ぷらら光にはキャッシュバック特典があります。
キャッシュバック特典は基本的に新設する場合に適用されるのですが、他の光コラボから乗り換えた場合でも10,000円以上のキャッシュバック特典がつくのです。

おてがる光

公式HP:https://otegal.jp?hikari-kaisenn

株式会社エクスゲートが運営する光回線『おてがる光』、契約期間の縛りがないにも関わらず、料金もかなりお得になています。

先ほど紹介したDTI光やぷらら光と比べても料金は圧倒的に低価格に設定されています。

通信速度についても先に紹介をした2つの回線と同じ、NTTのフレッツ回線を利用した光コラボレーションモデルなので申し分ありません。

このおてがる光の料金は以下となっております。

月額料金

マンションタイプ

月額3,608円

ファミリータイプ

月額4,708円

工事費

  • マンションタイプ 0円~16,500円
  • ファミリータイプ 0円~19.800円

上記のようにキャンペーンの適用で工事費実質0円から導入できるようになっています。

キャンペーン

  • 実質工事費無料キャンペーン
  • IPv6対応ルータープレゼントキャンペーン
  • 最大2か月月額基本料金無料キャンペーン(おてがるでんき申し込み必要)

現在実施中のキャンペーンは上記の通りです。(2021年6月7日現在)

まとめ

  • 契約期間とは?

  • 契約期間無しの光回線のメリットとは?

  • 契約期間なしの光回線の選び方

  • オススメの光回線を紹介(契約期間なし)

今回の記事では、上記4点で契約期間がない光回線を3つ紹介しました。
現在、インターネットを利用する機会が増えてきていますが、今後光回線を利用する際の参考になれば幸いです。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

光回線満足度ランキングバナー
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする